産後にがに股になっちゃった? 足を開いて立っていること多くないですか?

    産後の骨盤矯正は全身から♪
    土岐市 多治見市 瑞浪市を中心に、産前産後の女性を訪問整体でサポート!
    体を変えて  習慣を変えて  心を前向きに! ヒサコです😊
      

    産後のがに股は骨盤が広がったせい?

    妊娠中、大きなお腹で歩くのも大変だと思います💦でもとっても幸せな姿♡
      バランスをとるため、多くの妊婦さんが足を広げて立っていらっしゃることが多いです。
        
      これは、悪いことでもなんでもなくて
      体の自然な変化です✨足幅を広げることで安定させているんですね♪
        
        
      お尻の横側についている「外転筋群」は、足を横に開く役割があります。
      足幅を広げて立っていたり
      お腹が大きく、仰向けで寝られなくて横向きで寝ていたりすると
      外転筋群が短くなりやすくなると考えられます。
        
      足を閉じると、この筋肉に引っ張られて、骨盤へ負担がかかり腰痛を感じられる場合もあるので
      足を広げて筋肉を緩める姿勢を自然ととっていることも考えられますね😊
        
      骨盤が広がったから、足が閉じにくい・がに股になったということは考えにくいかなと思います。
      妊娠後期から産後に骨盤は広がりますが、その後ゆっくりと戻っていくからですね🌸
        
      産後のママで、お尻の横が硬くなっている方やはり多くおられます。これが腰痛の原因となっている場合もあるので
      しっかり緩めてあげることも大切です✨
        
      寝返りを打つたびに腰痛がある
      股関節がパキパキなる
        
    こんな自覚症状もあるかもしれません。
      
        
      足を開いた姿勢は、内ももを使っていない状態になるので
      脚痩せしたい~!と内もものエクササイズをする前に
      まずはストレッチから行った方が効率的かもしれません♪
    ****************************************
      🍀お問い合わせ、LINE登録はこちら     から
      LINE登録から”日常生活動作”とメッセージを送ってください 😊
      毎日の動き方がエクササイズになる動画をプレゼントいたします♪
      🍀訪問整体お申込みはから