授乳や抱っこでつらい肩や背中の痛み、どうしたらいい?

    土岐市 多治見市 瑞浪市を中心に、産前産後の女性を訪問整体でサポート!
    体を変えて  習慣を変えて  心を前向きに! 
    ヒサコです😊
    毎日の授乳や抱っこで、背中を
    ああ゛~!!と反らせたくなることないですか?

    妊娠中に姿勢は変わる

    妊娠すると、赤ちゃんのスペースを確保するために、肋骨が外方向へ広がりお腹の筋肉が引き伸ばされます。
    生理的な現象であり、そのおかげで赤ちゃんはお腹の中で成長できるんです。
    そのため、ママの姿勢も変化します。息苦しく感じたり背中をのばしづらくなったり。
    10か月かけて変わった姿勢なので、出産後すぐに元通りというわけにはいかないんですよね。

    赤ちゃんのお世話は前かがみが多い

    姿勢の変化がある産後ですが、毎日の授乳・抱っこ・おむつ替えなどのお世話も前かがみで背中をまるめて行う動作がとっても多いんです。
    お腹の力が使えないまま、さらに体を丸めてしまうので
    背中の痛みや肩こりを感じる方が多くみられます。
    ポッコリお腹が治らない一因にも

    肩甲骨の真ん中動きますか?

    背中の中でも、肩甲骨の高さの背骨「胸椎」の動きが鈍くなることが多くあります。
    ここが硬いと、肩甲骨のうごきも阻害され、肩や背中のガチガチ感を感じやすいんです。

    産後のケアは骨盤だけじゃない

    肩こり、背中の痛みの原因の一つが胸椎の動きの低下とお伝えしましたが
    背骨は骨盤までつながっています。
    姿勢が悪くなりやすく、お腹の力が使えなくてポッコリお腹や尿漏れなどにもつながってくる可能性があります。
    産後といえば、骨盤に目が行きがちですが、全身を整えていけるといいですね!