骨盤を安定させるために 必要なトレーニングとは?

    産後の骨盤矯正は全身から♪
    土岐市 多治見市 瑞浪市を中心に、産前産後の女性を訪問整体でサポート!
    体を変えて  習慣を変えて  心を前向きに! ヒサコです😊
      

    産後は骨盤をぎゅっと締めないと痩せない ヤバイ?

    骨盤は、3つの骨から構成されていて
    股関節と連結があります。
    股関節は、立ったり歩いたり座ったりしていつも動かしていますよね😊
    そこについている骨盤が、ガチっと全く動きがないと
    股関節も、その上の背骨も動きづらくなってしまうことはなんとな~く想像できますでしょうか?
    そう、骨盤は、妊娠出産していなくてもごくごくわずかに(2~3mm)ですが動くようになっています。
      
    だけど、カラダの中心、上半身と下半身をつなぐ大切な場所であり、内臓を支える器の役割もしているので
    グラグラしちゃったら困ります💦
      
    そこで、着物の帯を締めるように、キュッとしっかりたくさんの靱帯で支えてくれているんですね♪
      
    妊娠すると大きくなる赤ちゃんのスペースを作るため、また出産のときに赤ちゃんの通り道を作るために
    帯(靱帯)が緩んで骨盤の動きが大きくなります。
      
      
    パッカーンと開くわけではなく、
    動きやすくなる
    んですね😊
        
      そして、産後は時間をかけてまた帯がギュっと閉まってきてくれます。
      こう考えると
        
      骨盤を締めないと痩せない 開いたまま戻らない
      というのはなんで・・?と思っちゃいます💦
      産後、靱帯が緩んで骨盤がグラグラしてしまう、痛みがあるという方は
      骨盤ベルトで補助をしてあげることは効果的だと思います😊
      なぜなら、
      靱帯の修復を促してあげるために、骨盤ベルトで負担を軽減するというのは納得がいくところだと思います。
        
      捻挫をして、テーピングをするのと同様にです✨
      前回と同じ話をしている・・(笑)
      いや、でもそれだけ大切!知ってほしいということなんです!
      焦ってギュギュっと締めると逆効果なこともあります。
        
      前回はお尻の筋肉でしたが、今回はお腹の筋肉を使っていきましょう!
        

      産後に重要なインナーユニットのトレーニング

        
        
      インナーユニットは、カラダの一番奥の筋肉です。
      手足を動かすためにも、カラダがグラグラしていると余計な力を使ってしまい
      肩こりや腰痛の原因にもなることが考えられるんです。
        
      妊娠、出産でインナーユニットが引き延ばされるので特に使いづらい状態になっています。
        
      だから、姿勢を保つだけでもグラグラしやすかったりするんですね。
        
      写真をみてわかるように、インナーユニットは骨盤についています。
        
        骨盤を安定させるためにも、インナーユニットは大切な役割を持っています!
          
        お腹の奥の筋肉・・鍛えるの大変そう・・
        
          
        と思わなくて大丈夫♪
        まっすぐな姿勢と深呼吸で鍛えられるんです♪
          
        産後はうまく深呼吸ができない方も見えます。 仰向けの方がやりやすい方 四つ這いの方がやりやすい方 皆さんそれぞれです。 おひとりおひとりに合わせた方法をお伝えさせていただいています。