産んだらおなかへこむと思ってましたよね。

    妊娠で大きくなったお腹は
    出産で赤ちゃんが出たら自然にへこむと思ってました。。。よね。
    巷では「骨盤が広がったから痩せない、骨盤締めましょう!」と言われますが
    骨盤の広がりって 数ミリ程度なんです。
    そして、産後1週間で急激に戻り
    産後1か月でさらにしっかりもどってきます
    産後の体系変化は、骨盤や脂肪ばかりでなく
    妊娠中の骨格の変化、内臓の変化、使えていなかった筋肉の筋力低下などが影響します
    10か月かけて赤ちゃんのスペースを作るためにアンダーバストは10~15㎝広がるといわれています。
    腹筋群は肋骨についているので、アンダーバストが広がる、つまり肋骨が広がると筋肉は動かしづらくなります
    だからウエストニッパーで締めちゃえ!!  というのはちょっと強引。
    風船の真ん中をぎゅっと持つと、上下が膨らみますよね。
    同じように、上下方向に圧がかかるので骨盤底筋(おしもの筋肉)に負担がかかります。
    妊娠・出産で弱っている骨盤底筋なので尿漏れなどのトラブルにつながりやすいんです。
    また、産後背中ががちがち~!!という方いませんか?
    これも、お腹が大きくなったことによる影響。産後は前かがみの動作が多いから余計背中が固くなりがち。 そうすると、お腹の筋肉も使いづらいんです。
    産後のお腹を戻すには 「腹筋」だけでなく
    ☆動かしやすい肋骨を作ること ☆やわらかい背中を作ること ☆インナーマッスルを鍛えること
が大切です。
    いきなり頭を起こしたり、プランクをしたりは負荷が強すぎます。
    順番に、焦らず、体を戻していきましょう~!